飼い主のプロフィール:
武蔵野の面影も消えつつある東京23区のはずれに住む4人家族。
管理人: 都心の会社に勤めるサラリーマン。ゴルフも一旦中断し、マーケズの成長に情熱を注ぐ。
妻: 子育てと老犬たちの介護が終わり、のんびり暮らす予定だったが、予想以上に活発なマーケズの世話に追われている。
長男: テニスに熱中している大学生。犬にはあまり関心が無いが、父親の出張中は良く面倒をみる。
長女: 動物の扱いのうまさは天性のもの。マーケズの遊び相手だが、去年の9月からアメリカ東海岸の大学に行っている。


管理人からのコメント: 
私は、ただの犬(ラブラドールR)好きです。犬好きだった父親の影響で、子供の頃から様々な犬種と接してきたが、最後に飼ったラブラドール・レトリバーの素晴らしさが忘れられず、次に飼う犬も絶対ラブラドール・レトリバーと決めていた。かなりの時間を費やして、(勝手な思い込み?!)”こだわりのラブ”を調べていた。

長年海外関連の仕事をしているので、仕事のノウハウを生かして日本にいない血統のラブラドールを輸入してみたい。たぶん簡単に出来るだろうと考えていた。しかしながら海外のブリーダーとの交渉は、ある意味では仕事以上に大変だった。ビジネスならいくらでも交渉の仕方があるが、利害関係のないところでの交渉は難しかった。そして想像もしていなかったが、犬の世界では日本や日本人の地位は低かった。それでも理解を示してくれる人々(ブリーダー)がいて、”マーケズ”を飼い始めることが出来た。


犬の飼育はあくまでも趣味の範囲内なので、時間的にも経済的にも限界があり、今のところドッグショーやブリーディングは考えていない。都会の一般家庭では、一頭のラブラドールを健全に育てるだけでも結構大変だ。当然ながら日中は妻が世話をしているし、子供達の協力も欠かせない。

そのうち余裕が出来れば、今度は英国のマーダス犬舎から仔犬を迎えたいと思っている。マーダスからは快諾を頂いているが、先方も商売ではないので、いつになるかは判らないし、いつになっても構わないので気長に待っている。将来はゆっくり時間を掛けながら、細々とマーダスのラインを継承していきたいと考えている。

 

マーケズ (Marquez Made by Mardas D'ares do Bailao)
2003年10月13日生まれ ♂ Black

 

 

の祖先には、下記の犬舎の名犬たちが名を連ねている。
MARDAS:

Sh.Ch.Martin of Mardas, Sh.Ch.Mardas Master Mariner,

Am.Ch.Mardas Brandlesholme Sam's Song,
Sh.Ch.Mardas Samoori, Ch.Mardas Mona Liza
※MARDASのタイプ・特徴については、labradornet.comのLabrador Typecastingで写真付きで解説されている
 

SANDYLANDS: Ch.Sandylands Mark, Ch.Sandylands Tandy,
  Ch.Sandylands Tweed of Blaircourt
BALLYDUFF:

Ch.Ballyduff Marketeer, Ch.Ballyduff Marina, Ch.Ballyduff Seaman,

  Ch.Squire of Ballyduff
HOLTON: Ch.Holton Baron
FABRACKEN: Ch.Fabracken Comedy Star, Ch.Poolstead Pin-up of Fabracken
FOLLYTOWER: Ch.Follytower Merrybrook Black Stormer, Joline Inkling of Follytower
POOLSTEAD:

Sh.Ch.Poolstead Problem, Sh.Ch.Poolstead Preferential, Poolstead Pretentious of Rocheby

CAMBREMER: Sh.Ch.Cambremer St.Clair, Cambremer Mr.Ross
TRENOW: Trenow Minuet, Ch.Trenow Brigadier
CHARWAY: Ch.Charway Ballywillwill
KEYSUN: Ch.Keysun Teko of Blondella, Ch.Keysun Krispin of Blondella

歴史に残る名犬たちの写真を無断で使用する訳にはいかないので Labradornet.comのHALL OF FAME や LabradornetGenealogyでこれらの犬たちの写真と血統を見て欲しい。GoogleやYahoo に犬の名前を入れてイメージ検索すると、かなりの確率で写真を見ることが出来る。
 
 
 SH:CH: MARTIN OF MARDAS



courtesy of Mrs. Marlene Hepper, Mardas Labrador Retrievers